マイホーム購入に頭金2割と諸費用を自己資金で用意したら問題ないの?

前回のシミュレーションでは、家賃と貯蓄からマイホームの購入できる予算を計算しましたが、やはり頭金と諸費用は自己資金で用意しないといけないのでしょうか?

マイホームの頭金は2割必要なのか・

一般的な話では、マイホームの頭金として物件価格の2割と諸費用は自己資金が望ましい。

と書かれていますが、そのとおりで問題がないのか実際にその金額で計算してみましょう。

では、今手元にある自己資金から購入可能額をみていくとどうなるでしょうか?

この図では、物件価格の2割と諸費用の3%から10%を現金で用意するのが望ましい。との事です。

マイホームの頭金2割と諸費用を用意すると物件価格が840万円も下がってしまう

今回は、自己資金600万円あり、諸費用を150万円と仮定して計算してみました。

上の図の自己資金で用意した600万円から諸費用150万円を差し引いた450万円を物件価格の2割の頭金として計算すると、物件価格は2,250万円(450万円÷0.2)となり、住宅ローンの借入額は1,800万円であることが分かりました。

家賃から計算した住宅価格よりも、840万円も安い家しか買えません。

実際にキャッシュフロー表を見るとどうなるのか?

では、物件価格を2,250万円で住宅ローン1,800万円でキャッシュフロー表を作ってみました。

見ると、子供が大学へ行くと生活費が毎年赤字になっていますがかろうじて貯蓄はマイナスになっていません。年金生活が始まってからまたマイナスになっていますが、なんとか生活はやっていけるようです。

しかし、物件価格は2,250万円となり先ほどの3,080万円と比べると、同じ計画でも830万円も物件価格が変わってきます。

差が大きく出ましたね。果たして、夢のマイホーム計画の購入価格をそこまで落とさないといけないでしょうか? 

そもそも購入したい物件の価格帯は3,000万円だとしたら、断念する前に打つ手を考えたいところ。

そのためにキャッシュフロー表の見直しをはかります。

実際に、相談するファイナンシャルプランナーも経験がなかったら、このような無難なキャッシュフロー表を作成され、あなたの希望が叶わないマイホームの資金計画にかるかもしれません。

さて、次回から予算を増やすために実際にどういう対策をしていくのかを見ていただきたいと思います。